2017年

4月

26日

GW中の祝日営業について

当整体院は原則として祝日営業ですので、ゴールデンウィーク中も(日曜以外は)すべて普通に営業しております。

普段来ることができない方、お休み中に不調を解消したい方、ぜひお気軽にご相談ください。

体調を根本原因から良くしていきましょう。

0 コメント

2017年

4月

03日

頭痛はいやの巻

(深刻な疾患を伴わない)頭痛が起こるメカニズムとして、筋肉の緊張や血管の拡張・神経の炎症等があります。

このうち、筋肉の緊張が原因で起こる頭痛は、体を動かしたり、マッサージなどでコリをほぐすことで、ある程度は軽減できます。

そして再度同じ痛みに見舞われない為には、筋肉の緊張を引き起こしている骨格の歪みを、矯正する必要があるのです。

このタイプの頭痛であれば、対処法は豊富にありますし、それらと整体・カイロプラクティックの施術を併用すれば、比較的簡単に再発しにくい体となることができます。

 

ですが、血管が拡張し、神経が炎症を伴うために起こる頭痛、いわゆる偏頭痛・群発頭痛と呼ばれる類の頭痛は、そうやすやすと予防できたり、抑えたりはし難いものです。

一般的には薬に頼るしかなく、予防できると云う食品や、起きたときに効くツボ等はありますが、効果の無い人も多いのが実情です。

また、これらの頭痛は動くと痛みが強くなるなど症状も激しく、いったん起こると仕事や家事もままならなくなる程で、日常生活にも支障をきたしかねません。

そんな実に厄介な偏頭痛・群発頭痛が発生する主な要因は、自律神経です。

 

いわゆる頭痛もちの人と云うのは、この自律神経がストレスなどの些細なことがきっかけで、乱れてしまいやすい傾向にあるのです。

その為、頭痛が起こらないようにするには、体質そのものを変えていかなければならないのです。

整体・カイロプラクティックでは、自律神経の伝達力を矯正により正常にし、脳脊髄液の流れを良好にする施術を行ないます。

その効果は、今起こっている頭痛を治めるだけでなく、何回か継続して通えば、将来的に頭痛の発生しにくい体へと、作り変える事も可能なのです。

そうなれば頭痛薬を飲む必要もなくなりますし、頭痛で何も手につかなくなる時間も浮くので、健康的かつ有意義に日々を送れるようになります。

 

偏頭痛・群発頭痛に付き合い続けている方は、ぜひ一度当院にご相談ください(もちろん肩コリ・首コリからくる頭痛もOKです)。

自分の時間と自分の人生を取り戻しましょう。

0 コメント

2017年

3月

11日

伝達技術の発達と、そのマイナス面

チャップリンの名作映画「独裁者」での、伝説的なスピーチの中に、このような一節があります。

「飛行機やラジオは我々の距離を

 近づけ、世界を一つにする力がある」

 

これはある意味で未来社会を予言した発言だと言えます。

この映画が作られて以降、世のなかの航空・通信技術は急速に進歩していき、今では気軽に海外へ行けたり、ネットで当たり前のように遠くの人とつながれるようになりました。

その結果、世界を変えかねない重大な出来事を、鮮明な映像と音声で、迅速に世界中に伝えられることが可能になり、災害や紛争にも、昔では考えられない程の速さと人数で、救援活動ができるようになったのです。

 

このように人や情報を運ぶ技術は、世界中の人々の団結力を高め、今の国際社会において救援救助に必要不可欠なものであり、なおかつ今後も世のため人のために発展し続けなければならない存在ですが、

同時にこの技術は、あるマイナス面を世界にもたらすようになりました。

それは「あらゆる病気の拡大」です。

 

造船や航海の技術が上がったことで訪れた大航海時代に、梅毒が新大陸からヨーロッパへと持ち込まれ、やがて日本にまで感染が拡がりましたが、

現代では人や物の輸送手段が多様化・高速化したことで、より一層こういった感染症には気を配らなければいけなくなりました。

新型の感染症が世間を賑わすと、政府関係者や空港が対応に追われるのが、その典型的な例です。

 

このような弊害は、上に述べたような物理的な感染だけにとどまるものではありません。

世界中の人々の心もまた、情報伝達力の迅速化に伴い、変調をきたし易くなってきているのです。

よく、「暴力的なゲームやTV番組は、青少年に悪影響を与える」と言いますが、このようなカルチャーだけが人の心を狂わせるものになってるわけではなく、

報道やドキュメンタリー番組で映し出される、災害や戦乱などの光景もまた、目にする者の精神に負担をかける要因となり得るのです。

無論ゲームなどのフィクション作品とは異なり、伝えねばならない現実を、時に迅速に、時に濃厚に作り込んで人々に届けるものではありますが、鮮明にリアルタイムでかつ沢山流されることで、観た人の中には病んでしまう方が出てくるのは、どうしても避けられないのです。

 

人類の長い歴史は、常に大災害や戦争などの悲劇が付きまとってきました。ですがそれで昔の人が心を病んだと云う事例は、さほど多く報告されていません。被害は今以上に甚大なものであったにも関わらずです。

それは(表に出しにくかったという社会事情もありますが)当時の人達がそういった事を経験しながらも生きていく上で、つらい経験を思い起こさせるようなものに触れるケースが、あまり多くなかったからです。

災害時の心のケアが叫ばれるようになったのは、近年になってからですが、これはメディアや文化などが急速に進化した為に、被災体験を想起させるものが、多くなったことが原因なのです。

 

とはいえ、メディアによる報道は、人の命をも左右する大事なもの。やめるようにする訳にもいきません。

となると、我々がそれぞれ、情報による負の影響から、身を守れるようにしていかなければならないのです。

また、多種多様に氾濫する情報の中でどうしても生きていかねばいけない私達には、そのストレスに対処する、新しい媒体が必要となります。

 

それが精神科医やカウンセラーであり、整体・カイロプラクティックもほんの一部ではありますが、そんなストレスへの解消手段として、今この世に出てきているのです。

(今後これら以外の解決法も、他にどんどん出てくるとは思います。)

0 コメント

2017年

3月

07日

自然治癒力が、大切な理由

様々な症状が医学で対応できるようになった現代において、なぜ自然治癒力を重視する整体・カイロプラクティックが必要なのか。それは自然治癒力と云うものが、長い人類の歴史の中で常に人々に寄り添ってきた存在だったからです。

 

昔のヒトの平均寿命は、「人間五十年」と言われていたように、とても短いものでしたが、これは、今ならば手の施せる類の病気で亡くなってしまう方が多かったと云う事情もありますが、最大の要因は乳幼児死亡率がとても高かったからで、その子供達を含めて統計を取ると、平均値がどうしても低くなって出てくるのです。

つまり、さすがに今ほどでは無いにせよ、80、90まで人が生きるようなことは、昔でも決してまれなケースではなかった訳です。

現に長生きして活躍した歴史上の人物ってのは、意外と多くいますね。

そんな方達は、たまたま運が良かったからとか、丈夫な体に生まれたからと云う理由で、長寿を保っていた訳でもありません。

むしろとても病弱だった方や、中には当時不治とされていた病に罹ってしまっていた方だっているのです。

ではなぜそんな人が高齢でも活躍できたり、病気を克服できたりしたのか。そこには「自然治癒力」があったからに他なりません。

長命だった聖職者や芸術家などの先人達は、意識的にしろ無意識的にしろ、この「自然治癒力」を働かせていたのです。

中でも病苦に見舞われながらも長生きできた偉人は、この不思議な力の持つ凄さに着目し、「自然治癒力」と云うものを探究していくようになり、それを著書などで形態化し、後世に伝えていくような活動を行なっていたのです。

 

その功績は、現代の整体・カイロプラクティックの技術や理念の中に組み込まれることとなりましたし、今後整体やカイロが新たに進化していく上でも、彼等の遺した研究は重要な鍵となってくるでしょう。

0 コメント

2017年

3月

01日

整体・カイロが、重要な理由

医療が日進月歩で発展している現代において、なぜ整体・カイロが必要とされるのか。

それは人類がたどってきた歴史をひも解いていくと、ある理由が浮かび上がってきます。

 

それは、西洋医学の限界です。

有史以来、人類はずっと病気との戦いを強いられてきました。

昔から多種多様な病気が流行し、人々を苦しめましたが、そのたびに病原への追求と科学の発達と云う、先人たちのたゆまぬ努力によって、克服してきました。

その結果、昔では怖い病だったものが予防できたり、治せるようになったのです。

こうやって確かに、人類を長く恐れさせてきた病気達を、脅威では無いようにすることはできたのですが、今度はまた新たな病気が世に広まり、騒がせるようになりました。

例えば、天然痘は根絶されましたが、ほどなくしてHIVが流行し、エイズが薬で発病を抑えられるようになったら、今度はエボラ出血熱が問題になる、と云ったような具合です。

現状がこれでは、これから先、西洋医学で病気に立ち向かい続けたところで、今話題になってる病気を解決することはできても、未来にまた、違う病が流行るようになるのがオチなのです。

科学や医療の進歩は、社会を変えますが、それと並行して病気も変えてしまうという訳です。

 

この、病気と医療従事者並びに科学者達とのいたちごっこの外にあるのが、西洋医学とは世界観が大いに異なる整体であり、人間の自然治癒力を重要視しているカイロプラクティックなのです。

世の中と人間とがどんなに変わり、どんな病気が地球を席巻するようになっても、有史以前から人間に備わっている、自然治癒力・免疫力は、決して変わるようなものではありません。

0 コメント