ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急に起こる腰痛の総称で、正式には急性腰痛症(筋筋膜性腰痛)と言います。

 

ぎっくり腰の原因は、

「限度を超えた瞬間的な過負荷」

「蓄積された疲労」

の二つがあります。

 

この二つのうち、「限度を超えた瞬間的な過負荷」の方が、ぎっくり腰としてイメージしやすいかも知れませんが、

実際は「蓄積された疲労」の方が多い傾向があります。

問診をしてみると、ぎっくり腰になる以前から、腰が動かしにくかったり、重いような感じがあったりと、違和感を抱えていたというような方は多く、日頃の疲労が蓄積し緊張状態にあった腰に、ほんの些細な負担がかかることによって、発症するのです。

 

ですから、「立ち上がろうとした時」「ちょっと体をひねった時」「背をかがめた時」「くしゃみをした時」などの、日常の何気ない動作の中で、突然発症してしまうのです。

蓄積された疲労は、コップの水があふれるように、腰椎周辺の筋肉・関節・靭帯・椎間板の損傷や捻挫を引き起こし、腰への急な痛みとなるのです。

 

ぎっくり腰になった際は、無理して動かず一番楽な姿勢をとってください。

そしてある程度落ち着いたら、できるだけ早めの来院をお勧めいたします。

 

「痛みが引くまで安静にする」とも言われますが、実はこれはぎっくり腰が癖になってしまう原因でもあるのです。それどころか同じ症状を繰り返していれば、更なる症状悪化(ヘルニア、坐骨神経痛)をも招きかねません。

その理由は安静にして痛みが引いても、背骨(特に腰椎)や骨盤がゆがんだままであるためです。それだと腰の筋肉は再び慢性疲労となり、限界を超えた際に何らかのきっかけで再発します。

 

そこで、短期集中の施術で、根本原因の変異を直す必要が出てくるのです。

当院では現在の痛みを緩和するだけでなく、根本原因を取り除き、ぎっくり腰が再発しにくい身体になるよう全力でサポートしていきます。

大腰筋を十分にほぐしてから検査を行い、骨盤や腰椎のズレを見つけ、患者様1人1人に合った形で矯正していきます。

これによって緊張する必要のなくなった腰等の筋肉は、慢性疲労から解放され、負担の減った腰となったことで、ぎっくり腰の再発も防げるようになるのです。

そしてぎっくり腰を招く日頃の習慣や姿勢で気をつけること、そして家庭や職場でできる体操やストレッチも指導し、患者様と一緒に健康な体づくりを目指していきます。

 

※施術は短期集中ですが、もちろん個人差はありますので、ご高齢の方や余程

 症例が重い方は回数がかかることもあります。

 

 

      動けない・立てない・どうにもならない・・・

      そのようなぎっくり腰もお任せください!