坐骨神経痛

坐骨神経は腰からお尻、太もも裏、ふくらはぎなど体の後面を通っている神経のことであり、ここが何らかの原因によって刺激され、お尻から足にかけて痛みや痺れが出る症状を総称して坐骨神経痛と呼びます。

症状として痛みや痺れ、ツッパリだけではなく、足に力が入らなくなったり、足裏一部に感覚がなくなったり冷たい感じがしたりするケースもあるなど、ひと口に坐骨神経痛といっても、人それぞれ様々な症状が現れます。

(坐骨神経が刺激される場所やその原因により、症状の現れる部位や質などが異なるためです。)

 

坐骨神経が圧迫される原因は、主に「背骨(椎間板)の不具合」と「骨盤(仙腸関節)の歪み」です。

脊髄から坐骨神経に分かれる部分(坐骨神経根)が、腰椎のズレにより、その経路が狭くなって圧迫や刺激を受け、お尻や足等に痛みやシビレの症状が出ます。

腰椎の位置ずれの仕方も前後左右のほか、捻れや傾きも加わることもあり、ずれ方によっては背骨の中の脊髄神経が通る管が狭くなる脊柱管狭窄症

(せきちゅうかんきょうさくしょう)も併発している事例もあります。

 

また、椎間板ヘルニアにより坐骨神経が圧迫されたときも、痛みや痺れなどが起こります。

この椎間板ヘルニアの場合、初めは腰の痛みだけであったのが、やがて腰の痛みがやわらぎ、同時に片側の臀部(お尻)から足にかけての痛みや痺れに変わることがあります。

なぜならこれは、最初は痛めた椎間板が痛みを引き起こしていたものの、椎間板が損傷し、内部にある髄核(ずいかく)が外に飛び出すことで痛みの種類が変わるからです。椎間板の圧力が減って腰痛こそ楽になりますが、飛び出たヘルニアは神経を圧迫し、お尻や足には痛みが現れます。

 

話は変わりますが、仙骨と大腿骨を結ぶ筋肉に、梨状筋というものがあります。この梨状筋の不調も、坐骨神経痛を引き起こすケースとして多々あるのです。

坐骨神経は背骨から出て、梨状筋の裏側を通って足先まで伸びています。

そのため梨状筋の状態によって影響を受けてしまいます。

疲労や骨盤の歪みなどで梨状筋が緊張して硬くなったこと(拘縮)で坐骨神経を圧迫して痛みが出る場合は、その緊張をほぐすことで痛みをほぐすことができるのです。

これとは逆に、加齢・運動不足・神経への影響で筋力が落ちて梨状筋が緩んでいる場合も、坐骨神経を圧迫することがあります。

 ※梨状筋が緩んでしまう方が、硬くなるよりも、改善までに時間を要する

  ケースは、多いと言えます。

 

その他、「腰椎変性すべり症」「腰椎分離すべり症」なども、坐骨神経痛を起こす原因です。 

 

坐骨神経痛は一時的に緩和しても再発しやすいので、これらの根本原因から解消していかないと改善にはつながりません。

 

当院では背骨・骨盤のズレを矯正することで、坐骨神経痛を改善することができます。

坐骨神経は背骨(腰椎4番・5番)と骨盤(仙骨)から出て、足まで伸びている神経なので、そこに圧迫や刺激が加わることによって、様々な障害が出てくるからです。

また、梨状筋への施術も並行して行い、坐骨神経痛のつらい痛みからの早期回復を目指します。 

 

坐骨神経痛の症状が現れるのは、初期の腰痛が進行し、椎間板ヘルニアをはじめ腰椎に問題がある場合が多く、通常の腰痛よりも改善までには時間を要するケースがほとんどです。

 

坐骨神経痛と思われる痛みや痺れを感じたら、

無理に我慢をなさらずにお早めにご相談ください。