腰痛

腰痛に悩まされて病院に行かれたところで、検査結果は「原因不明」と言われてしまう方はとても多く、また椎間板ヘルニア・脊柱狭窄症・圧迫骨折・脊柱病変などと診断されて外科的な処置を受けても、痛みが治まらないというケースも多々見られます。

病院に行ったのだけれども良くならないということで当院に来られる方も多くいます。

 

腰痛の原因として姿勢の悪さ、運動不足・加齢による筋力の低下、あるいは内臓や血管の病気などがあり、また最近では、ストレスによって腰痛が引き起こされることも解明されています。

(問診の結果、病院で検査してみることをおすすめする場合もあります。)

 

ただ腰痛といっても、痛みの度合い、痛み方、痛みの出る箇所など、その書状の現れ方は人により異なります。

デスクワークや車の運転など長時間座っていると腰が痛くなる方、接客業で立ち続けていると腰が痛くなる方、歩いている時やスポーツで体を動かすと腰が痛くなる方、他にも介護や荷物の運搬で腰が痛くなるなどがいます。

また痛みの出る箇所も、『お尻から太ももにかけて』『背骨の両脇あたり』『腰の中心部分』などさまざまです。

 

腰痛は椎間板や筋肉に負担をかけることにより、骨盤・腰椎が変位し神経や血管を圧迫して、痛みなどの症状が出てくるものです。

筋肉・筋膜・腱・靭帯などが腰の痛みを発生させる組織であり、これらには神経が張りめぐらされていて、組織の異常を感受した神経は興奮し痛みが発生します。また、神経が障害を起こし、直接痛みが出る場合もあります。

いずれにしても、興奮した神経や軟部組織(筋肉や靭帯など)の異常を改善しなければ痛みは治まりません。

 

背骨や骨盤のゆがみを正す事が重要です。

というのも、位置がずれた骨が神経を刺激したり、ズレによって崩れたバランスを保つため周辺の筋肉が緊張することで血流が悪くなり、細胞に栄養や酸素が届かず、老廃物が溜まり細胞が弱っていく悪循環が繰り返され、やがて痛みが生じてくるからです。

マッサージなどで腰を揉んだり押したりすれば、筋肉がほぐれて一時的に痛みがなくなりますが、また再発してしまいます。それは根本原因を改善していないからです。

 

上半身と下半身をつなぐ腰周辺は、たくさんの筋肉や靭帯、神経などが複雑に関連しています。背骨や骨盤のほんの2、3ミリの歪みでも神経を圧迫したり、筋肉のバランスを崩したり、靭帯が緊張する事態が発生します。

また、血管もここを通っているので、栄養や酸素を運んだり、疲労物質を回収する役割が背骨や骨盤のゆがみにより滞ります。そうなると筋肉が収縮し、いっそう血流が悪くなり、さらに腰痛が悪化したり、冷えや生理痛などの新たな症状が現れることもあるのです。

 

様々なケースの腰痛ですが、根本原因をたどると「骨盤の不具合」と「腰椎のズレ」が90%を占めています。

 

当院では、カイロプラクティック独自の検査・姿勢分析・反射テスト・骨や筋肉の状態の触診等から腰椎の根本原因を探し、腰椎のねじれや骨盤のゆがみの矯正、神経を直接刺激している骨に可動性を与えるための施術を行います。その結果神経伝達がうまくいきわたるようになり、腰周辺の筋肉の緊張も取り除かれるので、痛みが改善されていきます。