自律神経

自律神経とは消化や代謝などの生命活動の維持や調節に係わる神経のことで、皆様が自分の意思で手や足を使うときに働かす運動神経とは反対に、心臓や内臓等の各部位を無意識的に働かせ、体の器官をコントロールしています。

 

自律神経には交感神経副交感神経があり、交感神経は各器官の機能を促進し、副交感神経はこれを抑制する働きをしています。つまり、

 

交感神経は活動している時や、プレッシャーやストレスなど体が緊張状態にある時に活発になる神経で、

副交感神経は睡眠中や休息している時など、体がリラックスしている時に活発になる神経であり、

交感神経は主に日中活発になり、副交感神経は夜間に活発になるわけです。

 

この二つが互いに制御し合って、バランスよく働くことが心身の健康にとって不可欠なのです。

自律神経のバランスが崩れると、「昼間の活動での疲労を、夜間の睡眠で休息させる」という活動がスムーズにいかなくなり、心身に様々な異常が現れてきます。これが自律神経失調症です。

その症状は、頭痛、不眠、過眠、食欲不振、過食、めまい、動機、息切れ、だるさ、手足の冷え、アレルギー、抑うつなどで、これら以外にも実に多種多様な不調を伴ってきます。

また、同時にいくつもの症状が現れたり、変化してゆくのも自律神経失調症の特徴であり、症状の現れ方も人それぞれ異なってきます。

この自律神経失調症は、体調不良を訴えて病院に行っても「異常なし」と言われるケースが多いので、症状を悪化させやすいのです。

 

では、自律神経のバランスは何が原因で崩れるかというと、ストレスが最大の原因として挙げられます。

不安や緊張、ハラスメントやイライラなどの精神的なストレスだけでなく、気温や湿度・気候の変化、環境の変化など外的な条件でも、ストレスとなって自律神経のバランスは崩れてしまいます。

真面目で頑張りすぎる性格の方ほど、これらのストレスをまともに受け止めるために、体調を悪くしてしまいがちだと言えましょう。

 

他にも自律神経が崩れる原因として、夜更かしなどの不規則な生活、運動不足、食生活の乱れなどがあります。

特に不規則な生活は、交感神経が興奮したままの状態になるので、自律神経の乱れを招きやすいのです。

 

また、女性のほうが男性よりも自律神経失調症になられる方は多く、その原因は女性ホルモンが関係しています。

女性は一生を通して女性ホルモンのリズムが変化し続け、この変化は自律神経の働きに影響を与えます。

自律神経の働きと女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部という箇所でコントロールしているため、女性ホルモンの分泌が乱れると、自律神経にも影響が出ることがあるからです。

 

当院では脳脊髄液の循環不良と頭蓋骨の過緊張を解消し、背骨・骨盤の歪みを矯正することで、ストレスを解放し、自律神経のバランスを整えて改善してゆくことができます。

JNTという独自の整体法は、交感神経副交感神経とを抑制できますし、脊柱や骨盤を矯正することによって、脊髄に近接する自律神経を整えることができます。また、頭蓋骨調整では脳脊髄液と頭蓋リズムを調整することが可能なのです。

いずれも投薬などには頼らない、身体に優しい施術と言えるでしょう。

 

 

 自律神経は一時的な施術では良くなりません。根本原因から

  しっかりと改善して、心身の健康を手に入れましょう!