下戸の頭痛から、頭痛持ち特有の頭痛を探ってみる

欧米にはアルコールに弱い人はおらず、白人は皆押しなべて「酒豪」ですが、
東洋人、とくに日本人の中には一定の割合でアルコールを一切受け付けない体質の「下戸」が存在しております。

医学的に言えばアルコールが肝臓で分解された時に発生する「アセトアルデヒド」の体内での分解が、困難な人が「下戸」であり、これがただ遅いだけの人は酒に弱くても飲み続ければある程度強くなるものの、
分解が完全に出来ない場合は、この体質を変えることは出来ず、一滴でもお酒を口にすれば頭痛くなる・気持ち悪くなる体質と、ずっと付き合っていかなければならないとされています。

この、下戸の方や、飲み過ぎて二日酔いになった時の頭痛は、世の中にある頭痛持ち、いわゆる偏頭痛や群発頭痛といった体質的な頭痛を、解析・改善方法を探るうえで、大きな鍵となっているのです。

 

というのも、下戸の方がわずかなアルコールで頭痛を起こすのと、頭痛持ち体質の方が日常において突然頭痛の発作を起こすのとは、とても状況的に似ているものだからです。

偏頭痛や群発頭痛の頭痛は、一般的には脳内の血管が拡張して、脳神経や顔面の三叉神経を刺激することで引き起こされるものです。
ではなぜ急に血管が拡がることになるかというと、この、頭痛が起きた時というのは、血液が過剰に動いていて、体内にある余計な物質、疲労物質であったり老廃物であったり、あるいは毒物・劇物を、体の外に出そうとする中でなるものだからです。

そうやって余計な物質を血液を使って体外に排出する中で、その動きが原因で血管が拡張することになり、それで頭痛となるワケです。

そしていわゆる下戸、一滴も飲めないような体質の方は、お酒を飲んだ時に発生するアセトアルデヒドを肝臓で分解する力がないため、この毒素によって頭がガンガンしたり気持ち悪くなったりするのですが、
肝臓でアセトアルデヒドを分解できない以上、この有害物質は、血液やリンパと云った、体内の他の機能を使って、体外に排出していくしかありません。
そのために血液などの体液はアセトアルデヒドの排出で忙しく動き回ることになり、そのときに血管の拡張が起こるのです。

で、拡張された血管や、血管の拡張により膨れ上がった頭の筋肉が、脳内や顔面の神経を刺激するようになって、激しく頭痛くなるワケですが、
頭痛持ち体質の人がお酒を飲まずともこういう頭痛になるのは、アセトアルデヒドに限らず、他の老廃物、あるいは有毒物質であっても、体外に排出する際に、頭部の血管・リンパ・筋肉に拡張が起こるからなのです。

 

つまり疲労やストレスが蓄積していたり、ジャンクフードや酸化した油やワイン等不健康なものを飲み食いしていたりすると、身体に変なものが溜まっていって、それが頭痛の発作を招く原因になっているのです。

それでも頭痛にならない人、いわゆる頭痛持ちではない人と云うのは、これらの物質の排出が早いか、溜まっていって血管・体液内を激しく行き来するようになっても、
脳内の神経を刺激するような拡張はしない、あるいは体内の血管は拡張しても脳内には老廃物等は回らない、というような身体構造をしているため、頭痛発作が起こらなくなっているのです。


ともあれ、この体質はいつ何時変化するかはわかりません。中年期・老年期に急に頭痛持ちになるなんて例もあるのです。

 

普段から規則正しい生活をして疲労を溜めないようにし、健康的な食事を摂るようにして、頭痛に備えておきましょう。

頭痛の際の神経刺激と、大腿骨の病気との共通点

偏頭痛や群発頭痛特有の頭の痛みは、おもに血管が拡張することで起こるものです。
血管の拡張というと脳内に危険な病が進行しているようなイメージを抱くかもしれませんが、確かにとても辛いとはいえ、即医師の診断を受けないといけないものではありません。

血管が拡張しているといっても、脳梗塞や脳出血とは異なり、ごくわずかな血管の変化でしかないのです。
わずかな拡張でも、脳内にある神経には強い刺激となり、強烈な痛みや視覚の異常を引き起こします。

脚の骨、大腿骨骨頭が崩壊してしまう病気は、進行すると骨内の神経が直接刺激を受けるようになり、歩行はおろか些細なことで脚が酷く痛むようになりますが、
頭痛持ちの頭痛発作もまた、脳血管のごくわずかな拡張という小さな変化で、脳の繊細な神経が過敏に反応してしまうが故の現象なのです。

この血管拡張は、どんなにつらい痛みや視覚異常があったとしても、偏頭痛や群発頭痛である以上微弱な変化でしかないので、整体で痛みを引かせることは決して難しくはありません。

微弱な血管の変化であれば、頭蓋骨の動き、頭部の筋肉の緊張を変化させることで正常に戻るのです。
頭の骨や筋肉を改善させる整体のテクニックは、当整体院のものはどれもとてもソフトなタッチなもので、施術中にそれ以上頭の痛みを強めることもなく、眠っているうちに辛さから解放されていきます。

そして繰り返し整体の施術を受けることで、頭痛の起きない体質へと変わることも可能なのです。

0 コメント

頭打った拍子に、偏頭痛の発作が起こるメカニズム

昨日・一昨日と、頭を打った時に、頭痛持ち特有の痛みが起きることもあると云う話をしましたが、その話はもう少しばかり続きます。

体質が偏頭痛持ちの方は、その痛みの特徴として、発作が起きると、動けば動くほど痛みが強くなったり、前かがみになるたびに痛くなっていったりします。

頭をぶつけてから偏頭痛の様相を示すようになるのは、上記のような頭の動きによる痛みの悪化と、衝撃からの偏頭痛は基本的に同じものであるからです。

かがんだり動かしたりすると頭の血流に刺激が徐々に加わっていって、それで痛みが次第に激しくなっていくのですが、頭部への衝撃はこの血流への刺激を一気に進ませてしまうので、それでそれから急に痛みの発作が呼び起こされてしまうのです

どんなに激しい頭痛持ちでも、頭をうけば必ずしも痛みの発作が起きると云うわけではないのは、
その日の調子によってはいくら動いても頭痛の発作が起こらないのと同じように、
頭に衝撃を受けても自律神経が乱れた状態でなければ、頭痛を引き起こす血管の拡張は食い止められるからです。

頭をうってからの頭痛というと、深刻な脳の異変が起きているケースもあり、怖いイメージもありますが、
もともとが頭痛持ちであり、かつ頭に受けた衝撃が、立ち上がる時に扉や上の出っ張りにぶつけた程度のものであれば、とりあえずはいつもの発作ということで、すぐ病院に行くほどの対応はしなくてもよいかと思います。
とはいえ状態の変化にはくれぐれも細心の注意を払い、いつもとは違う痛み方であるのなら、早めに医師の診断を受けに行きましょう。

0 コメント

いつもの頭痛が、頭を打った拍子に出た?

頭痛持ちの人は、不意に頭をぶつけたことで、いつも悩まされている痛みが発生することもあると云う話を、昨日はしましたがその話の補足です。

頭に衝撃を受けたことで頸椎や顎関節がズレたり、頭蓋骨や頭の筋肉に緊張が起こって、頭痛持ち特有の頭痛を起こしてしまうのが原因だということでしたが、
これとは別に、頭を打った拍子に、頭部の血流が微妙に変わってしまうから頭が痛くなる、というケースもあります。


偏頭痛や群発頭痛の痛みは、頭部の血管の拡張によって引き起こされるものです。
この拡張はあくまでもごく微細なものです。どんなに激しい頭痛であっても、体質からくる頭痛の場合、血管の拡張は脳内に深刻な病変を起こさない範囲での、わずかな変化でしかないのです。

この小さな範囲での血流の変化と云うのは、頭部にショックをうけたことでも起こり得るものです。
ショックによる一時的な変化であり、基本的には通常の偏頭痛・群発頭痛と同じような治まり方をしていきます。

ですが以前より治まりにくくなる、いつもの頭痛が起きた時の痛みが激しくなる、というような体質変化を引き起こす場合も、頭を打った時にはあり得ることです。

その場合は身体のどこかにズレが起きていたり、頭蓋骨の動きに異変が発生していたり、頭部の筋肉の緊張が続いていたりしているからですので、
整体・カイロプラクティックを受けて、それらを取り除いてゆくべきでしょう。

0 コメント

頭をぶつけたら、いつもの頭痛が始まった?

頭をぶつけたらその後、急に激しい頭痛が起こるようになった。
いわゆるパンチドランカーにもよく診られる症状で、一見するとそれは頭部・脳内に深刻な負傷が発生しているかのように思える話です。

 

実際に深刻な負傷が脳内に発生していて、手術などの医師の適切な処置がすぐに必要、なんてことも稀にあります。


ですが、偏頭痛・群発頭痛といった体質からくる頭痛もまた、頭部への衝撃が引き金になって痛み出すと云うことがあるのです。
もともと頭痛持ち体質だったところに頭を打ったことで、普段から悩まされているいつもの頭痛が始まり出す、というような類のものです。
また、ある日に頭を強く打ってから、体質が変わって頭痛持ちとなる人もいます。

これは頭部に衝撃を受けることで、骨格にズレが出たり、骨の動きに異変が生じたりするからです。
首の筋肉がしっかり鍛えられているアスリートであれば、多少の頭の衝撃でもズレは起こらず、ズレたとしても自然治癒力で元に戻っていってしまいます。
(酷使すれば普通の人以上のズレは出ますが・・・)
しかし一般の方であれば、頭部への衝撃がそのまま頸椎・顎関節・後頭骨の関節のズレを招き、そこから頭痛が頻繁に起こるようになる、と云うことがあるのです。


その、頸椎や顎関節・後頭骨の関節のズレは、首や頭部の筋肉のコリを招き、自律神経の伝達に不調を引き起こします。
そこから血行が悪くなったり頭部の血管が拡張したりして、頭痛となるのです。

また頭に衝撃が加わると、頭蓋骨には大きな緊張が走ります。
その緊張は頭蓋骨周辺の筋肉を強張らせたり、頭蓋骨の微細な動きに異常にさせたりします。
頭蓋骨の動きが悪くなると、脳脊髄液の流れもおかしくなり、ひいてはリンパや血液の循環にも変調をきたすようになり、その変調が頭痛という形で出てくるようになるのです。

人間には自然治癒力が備わっていますので、そうやって生じたズレや動きの異常は、通常なら何日かで収まっていきます。
しかしあまり頭への衝撃が強いものだったり、習慣や姿勢に問題があって頭や頸部への負担が大きい状態で生活していたりすると、そのズレや頭蓋骨の動きは、変になった状態が続くこととなり、そこから体質の変化につながって、頻繁に頭痛が起こる事態にまでなってしまうことがあるのです。

頭を打ってからの頭痛というと申告な病気のようなイメージがありますが、重篤ではなくても病院では原因を特定しにくいので、これはこれで結構つらい頭痛とも言えます。
しかし頭の動きや首周辺のズレは整体・カイロプラクティックで改善できるので、そこから上記のような理由で起こる頭痛も、根本から治していくことが可能なのです。

0 コメント