当たり前のものと、一線を画す

いわゆる巷に溢れている接骨院・整骨院と云うものは、保険がきく治療を行なっています。

保険がきくゆえに、一回の治療は安価で済み、中には1,000円以下、500円で受けられるところも多々あります。

そんなわけで、とても気軽に通えるような場所にもなっているのですが、そこにはある落とし穴も潜んでいます。

それは、「治療が中途半端なところで停滞しがち」と云う点です。

 

最初に痛みや不調が起こって接骨院・整骨院に行くと、まず、腫れや炎症を引かせ、日々の生活で悪化することのないようにする処置(テーピング等)を行ないます。

その後の通院で、電気治療やマッサージ等を施し、以前の身体の状態へと、徐々に戻してゆきます。

こうして日々の生活やスポーツに、困らないような程度に、改善されはするのですが、不調になる以前の良好な状態の体にまでは、なかなか戻れはしないものです。

そして日が空くと痛みなどがまた出てきてしまうが為に、少し変になったら通院して取り除き、また些細な不調を感じてはまた通う、といったサイクルを、延々と続けていくように、なってしまうのです。

 

もちろん全てがそうと云うわけではないのですが、接骨院・整骨院、とくにチェーン展開しているような類の治療院では、その治療は手軽ではあっても完全な解消には至りにくいケースが、とても多いのです。

 

この原因のひとつに、接骨院・整骨院が、良くない箇所への施術ばかりを行なっているというのが挙げられます。

患部を治療で良くしていっても、そもそも不調が起きた原因、例えば足を痛めた原因が腰椎のズレであったり、肘の異常の理由の根幹が、肩甲骨や首に遭ったりと云う、不調を引き起こした根本原因が、改善されていないが為に、一定以上の回復が望めないのです。

また、何人かの患者様を同時に施術するそのやり方は、どうしても流れ作業的になりがちです。

流れ作業的になれば、治療は必然的にマニュアル化し、マニュアルの範囲以内での改善しか出来なくなるうえに、患者を苦痛から何とかして解放させようと考える力は、術者からどんどん失われていってしまうのです。

 

当整体院は、骨格の矯正で症状の改善を目指していくこと、患者様の症状に合わせた施術をオーダーメイドで行っていること、そして授業やセミナーに参加して新たな技術を学び磨いていることによって、そのような巷に溢れる接骨院・整骨院とは一線を画すようになっており、またそこで回復されなかった方の主症状の改善を、見込める治療院で有らしめてもいるのです。

 

 

皆様は1回500円の治療を1年以上続けていきますか?

それとも当院の初回+1クールの施術で、

健康を取り戻す道を選びますか?

楽になるのは身体だけではありません。

結果的に金銭的にも時間的にも、浮かせることが可能なのです!