がんばってなおしまっしょい

自然治癒力を働かせるには、患者様ご自身の「治そうとする意志」もまた重要なものとなります。

 

医師から処方された薬を、毎食後に飲み続けるかのごとく、惰性に近い感覚で通院している人と、「何とかして治したい」と云う思いがあって通われる人とでは、自然治癒力の働きに大きな開きが出てきます。

さらに「良くなったらコレがしたい」「治して〇〇をやろう」などと、より前向きな思考で具体的な目標を持てば、その効果はより強く発揮されることとなるのです。

 

(これは整体・カイロプラクティックに限らず、あらゆる療法であっても言えることですね。)