人が「病気のデパート」になる原因

前回の記事の補足にもなりますが、心の疾病のみならず、内臓・目・耳・鼻・生殖器など、あらゆる疾患から本当の回復をする為には、身体の歪みを整える必要があります。

 

不調を引き起こした原因が骨格・筋肉の変位にあったり、病を抱えて生活しているうちに姿勢が悪くなったりと、病気と歪みは強い関係性を持っています。

症状そのものを、病院の治療で取り除くことはできても、体の歪みに関しては殆どの場合、見過ごされているので、治ったかのようであっても、まだ本来の改善とは云えない状態であることが多いのです。

 

首にしろ背中にしろ骨盤にしろ、体の歪みは神経の伝達異常や脳脊髄液の循環不良を引き起こします。

そこからは身体機能の不調や免疫力の低下や精神状態の悪化など、多種多様な病が起こされる要因となるのです。

そうなると、良くなった筈の病気が月日を経て再発したり、全く別の病気を起こしたりすることに繋がります。

一度大きな病気をした人が、それをきっかけに何かと体調を崩すようになるのは、そういう体の歪みが併発していることが、根底にあるからなのです。

逆に、病気が良くなった後、そのまま健康を維持し続けていくような方もいますが、これは真っすぐな良い体の姿勢を、普段から保ち続けることができるている人で、そう云う人は歪みが生じても勝手に治ってしまうので、元気でいられるのです。

ですが人にはそれぞれ歩き方や座り方など体に染みついた長年の癖や、生まれ持った身体的特徴・欠点などがあり、皆が皆、健康になれるほどのピンとした姿勢を、保ち続けてゆくことなど、容易なことではありません。

 

そこで、骨格・筋肉の矯正を行い、そこから病気の根本原因を取り除いてゆく必要性が出てくるのです。

体の歪みはレントゲンで判明するものばかりではありません。むしろ写真では分からないような隠れた変位が、実は病気の要素となっているなんてことは、とても多いのです。

そこを見つけて治すのが、整体師・カイロプラクターの役目と云う訳です。

 

また、当整体院が良くなった患者様に対して、1~3か月おきに、メンテナンスとしての通院を勧めるのも、そういう理由かあるからです。

現代人と云うものは得てして、とても体が歪みやすくなっており、それには姿勢の崩れやすい環境下にも置かれていることが原因になっています。

そんな状況であっても皆様が健康でいられるように、我々は日々奮闘し、精進を重ねているのです。