ヘルニアは 手術せずとも 良くはなり

椎間板ヘルニアは、腰や首に起こるもので、背骨や頸椎の骨と骨の間にあってクッションの役割をしている組織「椎間板」が、加齢や過度の負担による圧力で、変形して飛び出し、神経を圧迫するようになることで発症します。

その症状は、腰痛・首痛・脚痛・肩こり・手足のしびれ等が主で、人によっては頭痛や手のむくみ、排尿障害なども起き、重くなると麻痺や歩行障害などを招きます。

 

この、ヘルニアの根本的な改善は、医師の手によるものでは、手術ぐらいしか無いのが現状です。

ブロック注射やコルセットの装着などで痛みを和らげる、「保存療法」も有りますが、これには自然治癒(いわゆるヘルニアが自然に引っ込んでいく状態)を働かせる力は無く、結果として手術を先延ばしにしただけと云う形になってしまうケースも、非常に多いのです。

椎間板ヘルニアからの、最も理想的な回復は、手術をしないで良くなることです。ですが、ヘルニアには手術が必要なイメージが、世の中に根強く浸透しています。

その理由は、二つあります。

一つは、医学という立場からの、根本改善のベストな選択肢が手術な為に、ヘルニアの診断をした医師としては、それを勧めてその方向に持っていかせるのも、医者の仕事であると云うこと。

もう一つは、スポーツ選手がヘルニアで手術を受ける話が、よくニュースなどで伝えられていると云うことです。

プロのスポーツ選手は、一般人の何倍も体を痛めつけます。ヘルニアが重度化してしまうケースが多々出てくるのは、避けられない世界ですし、そんな状態でも、なお試合に出て結果を残し続けなければいけないので、どうしても早く良くなる道を、選ばざるを得ないわけです。

 

ですが、そうではない世界にいる、我々一般人ならば、ヘルニアを手術で良くする決断に踏み切らずとも、自然治癒力を働かせる範囲で、改善できるレベルである場合が、とても多いのです。

その方法は、つまり、整体・カイロプラクティックの施術を受ける、この選択肢をとると云うことです。

整体・カイロプラクティックでは、飛び出している椎間板のある部位のズレを矯正するだけにとどまらず、骨盤や他の背骨・頸椎の矯正も行ないます。

それにより、身体を全体的に真っ直ぐにし、ヘルニアが自然に引っ込んでいく方向に持っていかせるのです。

そういう施術を繰り返し受けることによって、日常生活が続く中でも背骨や頸椎にかかる負担は徐々に和らいでいき、やがては健康な身体を取り戻すに至る。コレが整体・カイロプラクティックによる、ヘルニアを改善に向かわせる為の手順です。

この方法での改善は、介護職や運送業・建築関係など、仕事で普段から身体に負担のかかっているような方でも、日常の中で悪化させないためのアドバイスも併せて行うので、十分に望めるのです。

 

さらにこの、整体・カイロプラクティックによる施術は、ヘルニアの再発防止という大きな相乗効果があります。

ヘルニアを手術で良くしても、また出てきてしまうというケースは、実によくあります。

これは、出っ張った椎間板を手術で取り除いても、身体の歪みが改善されていないから、そういうことが起こってしまうのです。

我々は身体の歪みを正すことに重点を置いている施術家ですので、骨格を矯正して良くなったヘルニアが、再発しない為の体づくりも、ヘルニア改善の施術と同時に行っています。

それ故に何度も手術を行うような、身体に負担のかかるような事態にはなりませんし、施術そのものも、手術に比べればはるかにソフトで、痛みや不安を感じることもほとんどなく、元気な身体へと戻していけるのです。

 

※重症化したヘルニアは、やはり手術が必要になります。重度のものだと、

 こちらが判断した場合、医師の診断を仰ぐことを、我々は勧めます。

 その場合でも、手術の後、再発防止とより一層の改善の為に、整体の施術

 を受けるという、そんな選択肢もあります。

 

できることなら手術をせずに、ヘルニアを改善していきましょう。