不摂生でも長命、の謎を解き明かせるか

飲み過ぎ、タバコ、運動不足、不規則な生活は、言うまでもなく病気を招き、寿命を縮める悪しき習慣です。

それ故に人間は皆、健康に気を配りながら生きていく必要があるのですが、そうしていても人によっては若くして病気に侵されてしまいます。

 

しかし世の中には逆に、暴飲暴食・タバコ・派手な異性関係・遊び etc… と、若死にするのがむしろ当然と思えるくらいに、不健康極まりない生活を続けていても、ずっと精力的に元気でいられる「超」丈夫な人というのも確かに存在するのです。

そういう人の話を聞くと、どういう身体の持ち主なのかとても気になりますが、コレはただ体が頑健というだけではないのです。

いわゆる「自然治癒力」が、存分に働く体質であるので、不摂生を繰り返しても、身体に負担が蓄積せずに、健康を保つことが出来ているのです。

喫煙や飲酒をすれば誰でも臓器や血管や代謝機能が痛めつけられます。そんな状態でも休肝日を設けない等のさらなる不摂生を重ねることによって、人は病気へと至ります。

ですので、ほどほどの飲酒やたまに贅沢な食事をする程度であれば、(普通の人ならば)身体に害を及ぼさず、むしろいい感じのストレス発散になって、健康の保持にもつながるのです。

 

しかし、不摂生でも長生きできる人の場合は、飲酒や喫煙をした時に体に受ける(一回ごとの)ダメージそのものは、普通の人とあまり変わらないのですが、あっという間に身体が回復してしまうと云う、そんな身体的特徴を持っています。

それで、普通なら重病を招きかねない生活を続けていても、病気になる要因が身体に溜まることもなく、健康でいられるわけです。

 

ここに、整体師・カイロプラクターが、将来必ずや果たすことになるであろう役割を見出すことができます。

それは、どんな人でも病気になりやすい人でも、身体の回復力をここまで発揮できるように持っていかせてゆくのが、我々の役目だと云うことです。

 

健康に関しての、人類の理想的な未来像は、皆が皆長寿を全うし、最後まで健康で、最期はポックリと逝ける、そんな世界です。

その未来は西洋医学だけでは到底実現できません。

自然治癒力を何よりも重視する、整体・カイロプラクティックの技術や精神性をさらに進化させ、そして世の中にもどんどん認知を広めていく必要があると、そう考えております。

(鍼灸や漢方などの東洋医学も、やはり自然治癒力ですのでその役割はあると思います。)