怪我に強い強い強すぎる人の秘密とは

ご予約は左の「ご予約はこちら」バナーか、コチラから。

先日は乱れた生活を送っていても、長生きできる人の話をしました。

そんな人は自然治癒力が優れているから、体に負担をかけても病魔を進行させにくい、と云う結論でしたが、

怪我に関しても同じ事が言えるのです。

 

5、60年前の日本プロ野球では、今では考えられない程の過密スケジュールで投げ続けたのに、肩や肘をほとんど傷めずに、350勝400勝という、凄まじい記録を残した大投手がいました。

これもやはり、自然治癒力が人並外れた体質であったがために、登板で受けた身体のダメージから短期間で回復をして、連投にも体をついていかせることができたのです。

同じ時代に似たような状況で投球を続けていて、結局肩を壊してしまった投手多々いることからも、それには確信が持てる話です。

さらに、この「人並外れた自然治癒力」は、肉体の酷使による故障だけでなく、外的要因による裂傷など、いわゆる外傷にも発揮されるのです。

 

戦時中に活躍した日本の軍人で、船坂弘さんと云う方がいます。

この方は戦場でいく度も命にかかわる怪我を負いながらも、その都度生還し、さらにはあっという間に負傷が治ってしまうと云う、奇跡としか思えないような回復を幾度となく果たしているのです、

 

このような話は彼にだけ起こる事例ではなく、西洋にも、右足を膝下から切断する程の重傷を負ったのに、わずか6週間で義足を着けて戦場に復帰したエース・パイロットがいました。

 

確かに人間の体は、とてつもない自然治癒の力を働かせることがときにあるのです。

ここまでの回復力を見せられるのは、生まれ持った体質に依るモノがあるでしょう。すべての人がこんな風にはできないが故に、彼等の超人性は実に際だっています。

ですが、そこまでやってのける人がいると云うことは、その身体の秘密を解き明かし、他の一般的な人達にもその凄い回復力が適応できる研究をしていく必要があっても、おかしくはないのではないでしょうか。

驚異的な自然治癒力を多くの人が当たり前のように行使できる、そんな世界を私は、整体師・カイロプラクターとして目指しています。