歪みの自己改善には、バランスが重要なり

買い物袋などを持つときもそうですが、バッグを肩にかける際、右左どちらかの肩にずっとかけていると、体の歪みを招きます。

そのため左右交互にかける肩を変えてゆく必要があります。

そういった癖を身につけることが、骨格を均整にするには大切なことです。

ですが、この習慣も間違った方法を体に染み付かせてしまうと、かえって新たな歪みを体に発生させる要因になるのです。

 

その、間違ったやり方とは、

「今まではバッグをずっと右肩にかけていたから、これからは左肩にずっとかけて歩くことにしよう」

と云うようなモノです。

これでは左肩への負担が一気にかかり出すうえに、それまでバッグをかけていた右肩への負荷が軽くなり過ぎる為、左の肩甲骨や肩関節に異変が生じたり、頸椎や胸椎・腰椎が左側にズレる可能性があるのです。

 

バッグをかける肩、荷物を持つ手は、あくまでも左右均等に、できれば均等に変えながら歩くよう、意識しましょう。

そうすることで、右左どちらかに傾いていた身体も、徐々に真っ直ぐへと整っていくようになります。

ご自分のお身体の歪みを、日々の生活習慣の中で、自らの力によって修正するには、まずバランスを重視した、ただまっすぐをひたすら意識させる。そんな手段を用いるのが、もっとも有効なのです。

 

そしてある程度、根気も必要になってきます。

焦って早く歪みを正そうとすると、上に述べたような間違った改善方法に走りかねません。

決して焦らず地道に続けてゆくのが、自己改善への真の近道だと言えます。