続・いきなり足首をグキッ!

歩いていて何もない所で足を急にひねってしまうのは、脚力をあまり使わない歩き方をしているのが主な原因です。


下駄や草鞋、西洋でも硬い靴を履いたり、土の上や砂利道を歩いたりしていた昔なら、自然と足腰は鍛えられていたので、こうなる人は少なかったのですが、今は柔らかい靴を履いてアスファルトの上ばかり歩きますので、頼りのない歩き方になりがちなのです。


生活していくうえで必要な筋肉はある程度つきますが、バランスを保つ肝心な部分の筋肉は、現代の環境下ではつきににくく、かつ歩き方自体も脳からの信号をしっかりと伝達しないようなモノになっているので、いきなり足をぐねる人が増えるようになったのです。

山歩き・ハイキングを趣味にしたり、たまには下駄や草履を履いて外出したりすると、歩き方がしっかりとしたモノになって足を捻ることを防ぐことに繋がりますが、皆が皆、そういう習慣を身につけられるわけではありません。


しかし、内履き用のスリッパタイプの草履と云うのが、今は巷で販売されていますので、家の中だけでも、そういった「布ぞうり」を履いて歩くようにするだけでも、外での歩き方を安定したものに変えることは十分に可能です。布ぞうりなら、鼻緒で足指がこすれて痛くなることもありませんので、
オススメです。