頭痛持ちが脳の深刻な疾患を進行させる?

片頭痛・群発頭痛など、寝込んでしまう程の頭痛で悩まれている方はかなり世の中におりますが、この体質を抱えたままずっと生活していると、ある病気を進行させてしまいやすくなるのです。

それは、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血や脳腫瘍などの、命に関わる脳の疾患です。

これらの病気も、「症候性頭痛」といって頭痛を併発するものなのですが。
長年前述した頭痛持ちでいると、痛みが起きた時に「いつもの頭痛だ」とすぐにみなしてしまいやすく、
そのために早く病院で適切な処置をせねばならない程の重篤な病気が脳内で起こっていても、見過ごされてしまい、
結果として発見が遅れやすく、最悪の事態を招いたり手術後の後遺症が重くなったりも、しやすくなるのです。

普段頭痛が起きない体質の方であれば、痛みが始まった時に「変だ」と察しやすくなります。

頭痛持ちから解放されることは、活動的に生活できるだけでなく、脳内で重病が進んでいる時の早期発見も、出来るようになるワケです。