いつもの頭痛が、頭を打った拍子に出た?

頭痛持ちの人は、不意に頭をぶつけたことで、いつも悩まされている痛みが発生することもあると云う話を、昨日はしましたがその話の補足です。

頭に衝撃を受けたことで頸椎や顎関節がズレたり、頭蓋骨や頭の筋肉に緊張が起こって、頭痛持ち特有の頭痛を起こしてしまうのが原因だということでしたが、
これとは別に、頭を打った拍子に、頭部の血流が微妙に変わってしまうから頭が痛くなる、というケースもあります。


偏頭痛や群発頭痛の痛みは、頭部の血管の拡張によって引き起こされるものです。
この拡張はあくまでもごく微細なものです。どんなに激しい頭痛であっても、体質からくる頭痛の場合、血管の拡張は脳内に深刻な病変を起こさない範囲での、わずかな変化でしかないのです。

この小さな範囲での血流の変化と云うのは、頭部にショックをうけたことでも起こり得るものです。
ショックによる一時的な変化であり、基本的には通常の偏頭痛・群発頭痛と同じような治まり方をしていきます。

ですが以前より治まりにくくなる、いつもの頭痛が起きた時の痛みが激しくなる、というような体質変化を引き起こす場合も、頭を打った時にはあり得ることです。

その場合は身体のどこかにズレが起きていたり、頭蓋骨の動きに異変が発生していたり、頭部の筋肉の緊張が続いていたりしているからですので、
整体・カイロプラクティックを受けて、それらを取り除いてゆくべきでしょう。